月別

【4月オープン例会 ともに築くHIMEJI~和を以って広げる多文化共生の輪~】

4月10日(水)に、姫路市文化センターにて、【4月オープン例会 ともに築くHIMEJI~和を以って広げる多文化共生の輪~】が執り行われました。

外国人タレントのフィフィさんを講師としてお呼びし「まちの国際化」についてご講演いただきました。
実際に、ご講演に立たれるフィフィさんはテレビと同じで、歯切れのいい軽快な話術で『多文化共生』という難しいテーマを実体験やユーモアを交えてお話しいただき、時より会場からは笑い声が溢れておりました。

第2部は、姫路獨協大学 教授 奥田氏と、姫路青年会議所からは理事長の前川君と担当委員長の井村君を加えてパネルディスカッションが行われ、1部の公演内容を更に深掘りしたトークテーマで多文化共生について奥田氏とフィフィさんで活発な議論が交わされていました。

今回の例会はオープン例会と言って、一般の方も参加できる例会でしたが、空席がほとんど無い状況で、改めてこの「多文化共生」というテーマに市民の皆様の関心が高いことに驚きました。最後の質疑応答では、一般の方も積極的にフィフィさんに質問をされているのがとても印象的でした。

また、本例会には380名もの参加登録を頂き、一般の方にご来場いただきましたことを改めて御礼申し上げます。

本日の例会をきっかけに、姫路のまちの国際化に市民の皆様が更に関心を持っていただき、積極的に推進していただければ幸いです。

[記事:広報委員会 井寄良紀]

【近畿地区協議会 第三回正副会長会議】
3月18日・3月19日に、近畿地区協議会 第三回正副会長会議が姫路じばさんびるにて執り行われました。
近畿地区協議会への出向者としては公益社団法人姫路青年会議所から、

直前会長 神澤正太郎君 
会務担当副会長 清水大輔(12)君
直前会長補佐 油谷義邦君
直前会長補佐 竹内十郎君
直前会長補佐 中川勝喜君
委員 井村和貴君
委員 岩見和之君
委員 竹中一成君
委員 田中利成君

が出向されております。

前川理事長をはじめとする理事メンバーも開催地LOMとしてお出迎えされました。
会議後の懇親会でも交流を深められました。

また、2日間、設営を担当された、渉外交流委員会の皆様、ありがとうございました。

【3月発信力UP例会~想いをひとつにULTRA発信タイム!~】

3月13日(水)【3月発信力UP例会~想いをひとつにULTRA発信タイム!~】が姫路キャッスルグランヴィリオホテル3階錦の間にて執り行われました

2019年度公益社団法人姫路青年会議所では9つの委員会がございます。
下記委員会がそれぞれに企画し、10分間の持ち時間の中で委員会メンバーでプレゼンをおこない委員会の魅力を他の委員会に向けて発信するという例会になります。

➀研修特別委員会
➁広報委員会
➂会員拡大委員会
⓸市民意識変革委員会
⓹感動あふれるまち創造委員会
⓺渉外交流委員会
⓻未来へ紡ぐ国際のまち創造委員会
⓼次世代リーダー育成委員会
⓽総務委員会

本例会の大きな目的としては、各委員会と結束力向上・委員会間での相互理解を深めることで公益社団法人姫路青年会議所全体の組織力の向上を図りました。
各委員会の特色や持ち味はもちろんのこと、今まで知らなかった各会員の「キャラ」も垣間見え、笑顔のもとに9つの委員会が無事にプレゼンを終えることができました。これからの活動・運動に向けて改めて会員同士がより一層団結したことを感じることができました。


「記事:広報委員会 井寄良紀」

3月10日(日)に、昨日に引き続き、近畿地区兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会が執り行なわれました。
事業について意見を取り交わし会議をおこなわれました。近畿地区兵庫ブロック協議会とは、その名の通り、近畿地区内の青年会議所が集まり協議をおこなう組織となります。
公益社団法人姫路青年会議所からも多くの会員が出向されており、公益社団法人姫路青年会議所の発展、公益社団法人日本青年会議所の発展の為に尽力されております。

➀国連が掲げるSDGsという世界規模の開発目標
➁青年会議所会員拡大について
➂9月に行われる、第52回ブロック大会について

大きく3つの題材について、会議がおこなわれました。

【近畿地区兵庫ブロック協議会としてのSDGsへの取り組み】
国連は、2030年までに達成すべき17のゴールとして持続可能な開発目標(SDGs)を定めま した。サスティナブルな世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展 途上国のみならず、先進国とともに取り組む目標となっています。

兵庫ブロックとして、目標11『地域社会で SDGsを達成していくための事業の企画・実施』達成に 向けて、『ブロック大会でのフォーラム』実施、目標1『地域に則した社会保障制度と地域のあり方 を考える事業』実施、目標16『選挙における各種討論会の実施・支援』達成に向けて、『討論会』 事業の実施、目標17『ブロックと連携した会員拡大支援の企画・実施』達成に向けて、『兵庫ブロックの全25LOM とブロックとの間で拡大に関する事業』事業の実施、目標4『ブロックアカデミー事 業と連携したカリキュラムの企画』達成に向けて、『アカデミー事業』の実施に取り組むとともに、各 LOMが取り組むSDGsの事例について発掘・共有していきます。

【SDGsとは】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。

「記事:広報委員会 井寄良紀」

【近畿地区 兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会】

3月9日(土)に、近畿地区兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会が執り行なわれました。
事業について意見を取り交わし会議をおこなわれました。近畿地区兵庫ブロック協議会とは、その名の通り、近畿地区内の青年会議所が集まり協議をおこなう組織となります。
公益社団法人姫路青年会議所からも多くの会員が出向されており、公益社団法人姫路青年会議所の発展、公益社団法人日本青年会議所の発展の為に尽力されております。

➀国連が掲げるSDGsという世界規模の開発目標
➁青年会議所会員拡大について
➂9月に行われる、第52回ブロック大会について

大きく3つの題材について、会議がおこなわれました。

【近畿地区兵庫ブロック協議会としてのSDGsへの取り組み】
国連は、2030年までに達成すべき17のゴールとして持続可能な開発目標(SDGs)を定めま した。サスティナブルな世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展 途上国のみならず、先進国とともに取り組む目標となっています。

兵庫ブロックとして、目標11『地域社会で SDGsを達成していくための事業の企画・実施』達成に 向けて、『ブロック大会でのフォーラム』実施、目標1『地域に則した社会保障制度と地域のあり方 を考える事業』実施、目標16『選挙における各種討論会の実施・支援』達成に向けて、『討論会』 事業の実施、目標17『ブロックと連携した会員拡大支援の企画・実施』達成に向けて、『兵庫ブロックの全25LOM とブロックとの間で拡大に関する事業』事業の実施、目標4『ブロックアカデミー事 業と連携したカリキュラムの企画』達成に向けて、『アカデミー事業』の実施に取り組むとともに、各 LOMが取り組むSDGsの事例について発掘・共有していきます。

【SDGsとは】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。

[記事:広報委員会 井寄 良紀]

公益社団法人姫路青年会議所 広報委員会からのご案内

【JCカップサッカー2019姫路予選リーグ~未来の自分にキックオフ!!~】

5月19日(日)に、JCカップサッカー2019姫路予選リーグ~未来の自分にキックオフ!!~が姫路市立球技スポーツセンターにて執り行われます。

↓↓↓↓事業内容は下記になります↓↓↓

【詳細】
5月19日(日)
受付:9:00
時間:9:30~16:00
会場:姫路市立球技スポーツセンター
所在:〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田813
参加資格:姫路市内又は姫路周辺地域の小学生5年生以下120名

【お問合せ先情報】
主   催:公益社団法人姫路青年会議所
担当委員会:次世代リーダー育成委員会
電   話:079-281-0887
mail   :info@himejijc.or.jp

[記事:広報委員会 井寄良紀]

【代打の神様 桧山進治郎氏から学ぶ出会いが育む勝負力!】

(公益社団法人姫路青年会議所主催・事業案内)

公益社団法人姫路青年会議所が下記のセミナーを行います。
皆様のご来場をお待ちしております。
お気軽にお問合せ下さい。

詳細

日時 5月24日(金) 19:00~20:30(受付18:30〜)
会場 姫路商工会議所501ホール(住所:姫路市下寺町43番地)
参加資格 20歳~36歳の青年(定員90)

お問合せ先情報

主催 公益社団法人姫路青年会議所
担当委員会 会員拡大委員会
電話 079-281-0887
メール info@himejijc.or.jp

[記事:広報委員会 井寄良紀]

    

    

申し込み内容
氏名
年齢
性別 男性女性
お勤め先
例:〇〇株式会社
業種
例:サービス業
役職
例:営業
団体名
※活動されている団体がある場合
例:姫路青年会議所
ご住所
例:〒670-0932 兵庫県姫路市下寺町43番地
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
公益社団法人 姫路青年会議所の
事業に参加したことがありますか?
はいいいえ
紹介者
※紹介者がおられる場合

※お客様からいただいた個人情報は、お客様とのご相談・ご連絡のみに使用します。
 第三者からの通達が無い限りその他の理由で公開する事はありません。

【近畿地区兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会】

3月2日(土)に、尼崎中小企業センターにて近畿地区兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会が執り行なわれました。
事業について意見を取り交わし会議をおこなわれました。近畿地区兵庫ブロック協議会とは、その名の通り、近畿地区内の青年会議所が集まり協議をおこなう組織となります。
公益社団法人姫路青年会議所からも多くの会員が出向されており、公益社団法人姫路青年会議所の発展、公益社団法人日本青年会議所の発展の為に尽力されております。

➀国連が掲げるSDGsという世界規模の開発目標
➁青年会議所会員拡大について
➂9月に行われる、第52回ブロック大会について

大きく3つの題材について、会議がおこなわれました。

【近畿地区兵庫ブロック協議会としてのSDGsへの取り組み】
国連は、2030年までに達成すべき17のゴールとして持続可能な開発目標(SDGs)を定めま した。サスティナブルな世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展 途上国のみならず、先進国とともに取り組む目標となっています。

兵庫ブロックとして、目標11『地域社会で SDGsを達成していくための事業の企画・実施』達成に 向けて、『ブロック大会でのフォーラム』実施、目標1『地域に則した社会保障制度と地域のあり方 を考える事業』実施、目標16『選挙における各種討論会の実施・支援』達成に向けて、『討論会』 事業の実施、目標17『ブロックと連携した会員拡大支援の企画・実施』達成に向けて、『兵庫ブロックの全25LOM とブロックとの間で拡大に関する事業』事業の実施、目標4『ブロックアカデミー事 業と連携したカリキュラムの企画』達成に向けて、『アカデミー事業』の実施に取り組むとともに、各 LOMが取り組むSDGsの事例について発掘・共有していきます。

【SDGsとは】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。

[記事:広報委員会 井寄良紀]

【第2回兵庫ブロック正副会長・役員懇親会】
2月26日に、姫路商工会議所702号室にて、第2回兵庫ブロック正副会長・役員懇親会が盛大に執り行なわれました。
会議も厳粛に執り行われ、その後の懇親会についても第2回ということもあり、会場は大いに盛り上がり、出席者は兵庫ブロック内での事業について語らい、改めて懇親を深められました。
公益社団法人姫路青年会議所からも多くの出向者が輩出されている兵庫ブロックですが、出向者のこれからのご活躍に期待です!!

[動画]
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[写真]
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「記事:広報委員会 井寄良紀」

【JCI金沢会議2019】2日目

本日、JCI金沢会議2日目が北國新聞赤羽ホールにて開催されました。
本会議は2月22日(金)~2月24日(日)まで執り行われます。

JCI金沢会議とは、アジア太平洋地域の各国青年会議所の代表が一同に参加する国際会議です。
国連が掲げた持続可能な開発目標「UN SDGs」の達成に向けた活動の推進を目的とし、
金沢宣言が採択された金沢市で2016年から2020年まで毎年開催されます。

2日目の今日は、

「みんな違ってみんな良いフォーラム」
講師:スポーツ庁長官 鈴木 大地 氏
   金沢市長 山野 之義 氏
   株式会社石川ツエーゲン代表取締役GM 西川 圭史 氏

「SDGs de 地方創生体験ゲーム」

「企業パフォーマンス向上フォーラム」
講師:株式会社JTB 執行役員 働き方改革・ダイバーシティ推進担当 髙﨑 邦子 氏
   野村アセットマネジメント株式会社 執行役員 中川 順子 氏

「外務省基調講演」
講師:外務大臣 河野太郎 氏

上記のイベントが開催されました。

公益社団法人姫路青年会議所からも出向者がイベントの設営を頑張って行われていました。

【JCI金沢会議2019サイト】※ぜひご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kanazawa-jc.or.jp/projects/kanazawaconference/

【補足】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。


「記事:井寄良紀」

Return to Top ▲Return to Top ▲