新着情報

【近畿地区協議会 第三回正副会長会議】
3月18日・3月19日に、近畿地区協議会 第三回正副会長会議が姫路じばさんびるにて執り行われました。
近畿地区協議会への出向者としては公益社団法人姫路青年会議所から、

直前会長 神澤正太郎君 
会務担当副会長 清水大輔(12)君
直前会長補佐 油谷義邦君
直前会長補佐 竹内十郎君
直前会長補佐 中川勝喜君
委員 井村和貴君
委員 岩見和之君
委員 竹中一成君
委員 田中利成君

が出向されております。

前川理事長をはじめとする理事メンバーも開催地LOMとしてお出迎えされました。
会議後の懇親会でも交流を深められました。

また、2日間、設営を担当された、渉外交流委員会の皆様、ありがとうございました。

【研修特別委員会】
3月18日(月)に、研修特別委員会が執り行われました。
今回の委員会では、組織力向上室室長:河原室長にロバート議事法についてトレーニングという形でプレゼンテーションをおこなっていただきました。
公益社団法人姫路青年会議所はもちろん母体であるJCIという組織が取り入れている会議方法で、下記の原則を使用し、公平かつ効率よく進行し決議をする為の会議方法になります。
※国連やPTA、国会でも取り入れられている会議方法です

[4つの権利と4つの原則]
4つの権利
➀多数者の権利
➁少数者の権利 
⓷個人の権利
➃不在者の権利

4つの原則
➀一時一件の原則
➁一時不再議の原則
⓷多数決の原則
➃定足数の原則

また、懇親会では研修特別委員会がおこなう模擬事業(毎年恒例)についての意見を取り交わしました。


「記事:広報委員会 井寄良紀」

【3月発信力UP例会~想いをひとつにULTRA発信タイム!~】

3月13日(水)【3月発信力UP例会~想いをひとつにULTRA発信タイム!~】が姫路キャッスルグランヴィリオホテル3階錦の間にて執り行われました

2019年度公益社団法人姫路青年会議所では9つの委員会がございます。
下記委員会がそれぞれに企画し、10分間の持ち時間の中で委員会メンバーでプレゼンをおこない委員会の魅力を他の委員会に向けて発信するという例会になります。

➀研修特別委員会
➁広報委員会
➂会員拡大委員会
⓸市民意識変革委員会
⓹感動あふれるまち創造委員会
⓺渉外交流委員会
⓻未来へ紡ぐ国際のまち創造委員会
⓼次世代リーダー育成委員会
⓽総務委員会

本例会の大きな目的としては、各委員会と結束力向上・委員会間での相互理解を深めることで公益社団法人姫路青年会議所全体の組織力の向上を図りました。
各委員会の特色や持ち味はもちろんのこと、今まで知らなかった各会員の「キャラ」も垣間見え、笑顔のもとに9つの委員会が無事にプレゼンを終えることができました。これからの活動・運動に向けて改めて会員同士がより一層団結したことを感じることができました。


「記事:広報委員会 井寄良紀」

【近畿地区 兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会】

3月9日(土)に、近畿地区兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会が執り行なわれました。
事業について意見を取り交わし会議をおこなわれました。近畿地区兵庫ブロック協議会とは、その名の通り、近畿地区内の青年会議所が集まり協議をおこなう組織となります。
公益社団法人姫路青年会議所からも多くの会員が出向されており、公益社団法人姫路青年会議所の発展、公益社団法人日本青年会議所の発展の為に尽力されております。

➀国連が掲げるSDGsという世界規模の開発目標
➁青年会議所会員拡大について
➂9月に行われる、第52回ブロック大会について

大きく3つの題材について、会議がおこなわれました。

【近畿地区兵庫ブロック協議会としてのSDGsへの取り組み】
国連は、2030年までに達成すべき17のゴールとして持続可能な開発目標(SDGs)を定めま した。サスティナブルな世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展 途上国のみならず、先進国とともに取り組む目標となっています。

兵庫ブロックとして、目標11『地域社会で SDGsを達成していくための事業の企画・実施』達成に 向けて、『ブロック大会でのフォーラム』実施、目標1『地域に則した社会保障制度と地域のあり方 を考える事業』実施、目標16『選挙における各種討論会の実施・支援』達成に向けて、『討論会』 事業の実施、目標17『ブロックと連携した会員拡大支援の企画・実施』達成に向けて、『兵庫ブロックの全25LOM とブロックとの間で拡大に関する事業』事業の実施、目標4『ブロックアカデミー事 業と連携したカリキュラムの企画』達成に向けて、『アカデミー事業』の実施に取り組むとともに、各 LOMが取り組むSDGsの事例について発掘・共有していきます。

【SDGsとは】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。

[記事:広報委員会 井寄 良紀]

【近畿地区兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会】

3月2日(土)に、尼崎中小企業センターにて近畿地区兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会が執り行なわれました。
事業について意見を取り交わし会議をおこなわれました。近畿地区兵庫ブロック協議会とは、その名の通り、近畿地区内の青年会議所が集まり協議をおこなう組織となります。
公益社団法人姫路青年会議所からも多くの会員が出向されており、公益社団法人姫路青年会議所の発展、公益社団法人日本青年会議所の発展の為に尽力されております。

➀国連が掲げるSDGsという世界規模の開発目標
➁青年会議所会員拡大について
➂9月に行われる、第52回ブロック大会について

大きく3つの題材について、会議がおこなわれました。

【近畿地区兵庫ブロック協議会としてのSDGsへの取り組み】
国連は、2030年までに達成すべき17のゴールとして持続可能な開発目標(SDGs)を定めま した。サスティナブルな世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展 途上国のみならず、先進国とともに取り組む目標となっています。

兵庫ブロックとして、目標11『地域社会で SDGsを達成していくための事業の企画・実施』達成に 向けて、『ブロック大会でのフォーラム』実施、目標1『地域に則した社会保障制度と地域のあり方 を考える事業』実施、目標16『選挙における各種討論会の実施・支援』達成に向けて、『討論会』 事業の実施、目標17『ブロックと連携した会員拡大支援の企画・実施』達成に向けて、『兵庫ブロックの全25LOM とブロックとの間で拡大に関する事業』事業の実施、目標4『ブロックアカデミー事 業と連携したカリキュラムの企画』達成に向けて、『アカデミー事業』の実施に取り組むとともに、各 LOMが取り組むSDGsの事例について発掘・共有していきます。

【SDGsとは】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。

[記事:広報委員会 井寄良紀]

【第2回兵庫ブロック正副会長・役員懇親会】
2月26日に、姫路商工会議所702号室にて、第2回兵庫ブロック正副会長・役員懇親会が盛大に執り行なわれました。
会議も厳粛に執り行われ、その後の懇親会についても第2回ということもあり、会場は大いに盛り上がり、出席者は兵庫ブロック内での事業について語らい、改めて懇親を深められました。
公益社団法人姫路青年会議所からも多くの出向者が輩出されている兵庫ブロックですが、出向者のこれからのご活躍に期待です!!

[動画]
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[写真]
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「記事:広報委員会 井寄良紀」

【JCI金沢会議2019】2日目

本日、JCI金沢会議2日目が北國新聞赤羽ホールにて開催されました。
本会議は2月22日(金)~2月24日(日)まで執り行われます。

JCI金沢会議とは、アジア太平洋地域の各国青年会議所の代表が一同に参加する国際会議です。
国連が掲げた持続可能な開発目標「UN SDGs」の達成に向けた活動の推進を目的とし、
金沢宣言が採択された金沢市で2016年から2020年まで毎年開催されます。

2日目の今日は、

「みんな違ってみんな良いフォーラム」
講師:スポーツ庁長官 鈴木 大地 氏
   金沢市長 山野 之義 氏
   株式会社石川ツエーゲン代表取締役GM 西川 圭史 氏

「SDGs de 地方創生体験ゲーム」

「企業パフォーマンス向上フォーラム」
講師:株式会社JTB 執行役員 働き方改革・ダイバーシティ推進担当 髙﨑 邦子 氏
   野村アセットマネジメント株式会社 執行役員 中川 順子 氏

「外務省基調講演」
講師:外務大臣 河野太郎 氏

上記のイベントが開催されました。

公益社団法人姫路青年会議所からも出向者がイベントの設営を頑張って行われていました。

【JCI金沢会議2019サイト】※ぜひご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kanazawa-jc.or.jp/projects/kanazawaconference/

【補足】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。


「記事:井寄良紀」

【JCI金沢会議2019】

本日、JCI金沢会議が北國新聞赤羽ホールにて開催されました。
本会議は2月22日(金)~2月24日(日)まで執り行われます。

JCI金沢会議とは、アジア太平洋地域の各国青年会議所の代表が一同に参加する国際会議です。
国連が掲げた持続可能な開発目標「UN SDGs」の達成に向けた活動の推進を目的とし、
金沢宣言が採択された金沢市で2016年から2020年まで毎年開催されます。

本日は、オープニングセレモニー、オープニングレセプションの後、「寬仁親王妃信子殿下」による「日本の女性力フォーラム
~心豊かに、しなやかに、輝く女性であれ~」講演がおこなわれました。

公益社団法人姫路青年会議所からも会員、日本JCへの出向者が多数参加されます。

【JCI金沢会議2019サイト】※ぜひご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kanazawa-jc.or.jp/projects/kanazawaconference/

【補足】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。





「記事:井寄良紀」

【2月新入会員歓迎例会〜挑戦は新たな絆への第一歩〜】

2月14日、2月新入会員歓迎例会が姫路キヤッスルグランヴィリオホテルで執り行われました。
この2月に行われる例会は、新入会員がJAYCEEとして歩みを踏み出す登竜門であり、全会員の前で与えられた持ち時間3分でスピーチをするという公益社団法人姫路青年会議所伝統の例会となります。
言葉をつまらせながら、緊張して話す新入会員もいれば、いきいきと笑いを取る新入会員もいて、どのスピーチもそれぞれの魅力が垣間見える素晴らしい内容だったと思います。
新入会員が、このスピーチを皮切りに更なる活躍をしていただく事を期待しながら先輩会員も皆、彼らのスピーチに聞き入っておりました。

2019年度入会の平成一球会を
今後も、どうか温かい目で見守りいただければ幸いです。

【YouTube動画】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【写真】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


「記事:井寄」

【中播磨地域夢会議】

2月9日、県立姫路労働会館にて中播磨県民センターの中播磨地域ビジョン委員会様の主催で執り行われました。
公益社団法人姫路青年会議所からも、まち創りを担当する2つの委員会に加え、多数のメンバーが参加させていただきました。

内容は、中播磨の地域資源を今後どう育て、どう発信していくかと言う内容で
冒頭、NPO法人姫路コンベンションサポートの玉田様のご講演いただいた後、「B級グルメ」「ロケ地」「まつり」と言うテーマで分かれてワークショップを行い、どのようにこれらの地域資源を発信していくかと言う内容でプレゼンテーションをしました。
県立福崎高校の皆さんも夢会議に参加されており、一緒に意見やアイデアを出し合い、10代ならではの斬新で新しいツールを活用した発想がとても新鮮でした。写真の発表をしてくれているお二人は、田中歩君と坂元未来さんで、大人顔負けの堂々とした素晴らしいプレゼンテーションにとても感銘をうけました。そして我々、姫路青年会議所の参加メンバーも、福崎高校の皆さんに負けじと、プレゼンテーションをさせていただきました。写真は、市民意識変革委員会の奥林委員長や、未来に紡ぐ国際のまち推進委員会の井村委員長、幹事の黒川君です。
今回の夢会議で、団体や個人の垣根を越えて姫路の未来を想う同志との様々な意見交換が出来たことは、今後姫路青年会議所が、事業を行う上で大変有意義な時間となりました。
今日、お会いした個人や各種団体の担当者の皆様と今後もこのご縁を活かして姫路の為に協働できれば幸いに思います。

 

「記事:井寄」

Return to Top ▲Return to Top ▲