新着情報

【公益社団法人姫路青年会議所からのお知らせ】
5月19日(日)に、JCカップサッカー2019姫路予選リーグ~未来の自分にキックオフ!!~が姫路市立球技スポーツセンターにて開催されました。

JCカップとは、、、
子供たちに夢と希望を!
スポーツで魅力ある地域へ
スポーツは、私たちに感動や勇気を与えてくれます。
「JCカップ」は、国際的に最も盛んなスポーツとされるサッカーを通じて、地域の未来を担う子供たちに、名蹴会に所属する伝説のプレーヤーから、「グッドルーザーの精神」(=たとえ勝負に負けたとしても相手を称えられる強く前向きな心)を伝え、道徳心を持った自立した人財を育みます。
そして、大会を通じて地域間の交流人口を増加促進させることで、コミュニティが活性化し、魅力ある地域の発展を目指します。

天気にも恵まれ、参加者の子供たちに怪我もなく、チーム内・チーム外にかかわらず、スポーツを通じて交流が深まったことと思います。
やはりスポーツは素晴らしいです。

開催時の写真を投稿致しますので、是非ご覧ください。

JCカップサッカー2019姫路予選リーグ~未来の自分にキックオフ!!担当委員会【次世代リーダー育成委員会】

[記事:広報委員会 井寄良紀]

【近畿地区 兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会】

5月12日(日)に、近畿地区兵庫ブロック協議会 LOM役員懇談会が執り行なわれました。
事業について意見を取り交わし会議をおこなわれました。近畿地区兵庫ブロック協議会とは、その名の通り、近畿地区内の青年会議所が集まり協議をおこなう組織となります。
公益社団法人姫路青年会議所からも多くの会員が出向されており、公益社団法人姫路青年会議所の発展、公益社団法人日本青年会議所の発展の為に尽力されております。

➀国連が掲げるSDGsという世界規模の開発目標
➁青年会議所会員拡大について
➂9月に行われる、第52回ブロック大会について

大きく3つの題材について、会議がおこなわれました。

【近畿地区兵庫ブロック協議会としてのSDGsへの取り組み】
国連は、2030年までに達成すべき17のゴールとして持続可能な開発目標(SDGs)を定めま した。サスティナブルな世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展 途上国のみならず、先進国とともに取り組む目標となっています。

兵庫ブロックとして、目標11『地域社会で SDGsを達成していくための事業の企画・実施』達成に 向けて、『ブロック大会でのフォーラム』実施、目標1『地域に則した社会保障制度と地域のあり方 を考える事業』実施、目標16『選挙における各種討論会の実施・支援』達成に向けて、『討論会』 事業の実施、目標17『ブロックと連携した会員拡大支援の企画・実施』達成に向けて、『兵庫ブロックの全25LOM とブロックとの間で拡大に関する事業』事業の実施、目標4『ブロックアカデミー事 業と連携したカリキュラムの企画』達成に向けて、『アカデミー事業』の実施に取り組むとともに、各 LOMが取り組むSDGsの事例について発掘・共有していきます。

【SDGsとは】
2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。


[記事:広報委員会 井寄良紀]

【公益社団法人姫路青年会議所からのお知らせ】
「心震える播州の祭り~担ぎ上げる姫路愛!~」に多くの方のご参加とご協力をいただき、ありがとうございました。
この事業では、日本工科大学校の建築科の生徒による祭り屋台制作をはじめ、多くの企業・他団体・学生とともに姫路の祭りを肌で感じていただく機会を創り上げることが出来ました。また、夜には、企業の方と協力し、LED照明とプロジェクションマッピングによりライトアップを行い、新たな灯りを演出することが出来ました。
ご参加いただいた方に、笑顔で体験していただいたことが何よりの感謝です。
事業の中で、色々な方との交流が深まり、改めて姫路というまちの伝統や文化を感じることができました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。


[記事:広報委員会 井寄良紀]

【公益社団法人姫路青年会議所からのお知らせ】

5月11日(土)に、【心震える播州の祭り~担ぎ上げる姫路愛!~】が家老屋敷跡公園にて執り行われました。
横田委員長率いる感動あふれるまち創造委員会の設えにより、播州祭り屋台の組み上げや、ワークショップの体験・ミニ屋台の点灯・プロジェクションマッピングを行いました。
ご協力いただいた、日本工科大学校の皆様・ご参加いただいた方々、その他関係者の皆様、ありがとうございました。
また、引続き5月12日(日)も同会場にて開催されますので、是非、ご参加ください。


[記事:広報委員会 井寄良紀]

【姫路市長選挙 公開討論会 】

奥林委員長率いる市民意識変革委員会により、姫路市市民会館大ホールにて姫路市長選挙公開討論会を開催させていただきました。
立候補される2名の候補者をお招きし、それぞれの政策について熱く議論を交わされ、一般参加者の方も食い入るように候補者のお二人のお話を聞いておられるました。
また、事前に登録いただいた市民の方だけで、ほぼ定員の800名の枠が埋まり、今回の市長選挙の注目度の高さがうかがい知れ、政治離れが叫ばれる昨今に、この討論会が投票率向上の一助になればと願うばかりです。
2019年度姫路市長選挙公開討論会に多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。

また、神戸新聞、読売新聞の朝刊に公開討論会の記事が掲載されましたので、お知らせをさせていただきます。

尚、今回の公開討論会にご参加をいただけなかった方のために、当日の討論会の内容を公益社団法人姫路青年会議所の公式YouTubeチャンネルにて、【4月16日】に動画配信を予定しておりますので、是非チャンネル登録をして、そちらもご覧になっていただければ幸いです。

今後とも、公益社団法人姫路青年会議所を
何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年 姫路市長選挙公開討論会収録 ノーカット版動画公開中!!

https://youtu.be/db6_DUiV9BQ

◉YouTubeチャンネル登録は下記のリンクからお願いします。

[姫路青年会議所公式YouTubeチャンネル]https://www.youtube.com/channel/UCQBUZtCzXGytMQFq9jGPDXw



[記事:広報委員会 井寄良紀]

第4回研修特別委員会「挑戦する先に深まる絆!!」

4月13日(土)に、第4回研修特別委員会「挑戦する先に深まる絆!!」が兵庫県立嬉野台生涯教育センターにて執り行われました。

新入会員(平成一球会)は今後、青年会議所活動・運動を積極的に行っていくにあたり、自身の成長だけででは乗り越えられない困難や課題に遭遇することがあります。その困難を乗り越えるためには仲間と団結し挑戦していくチームワークが大切であることを知る必要があります。

今回は、野外にて、個人の挑戦とチームビルディングを目的としたプログラムを実施することでチャレンジ精神、信頼感、達成感、協力、ふれあい、コミュニケーション等の育成に繋がる研修を実施しました。
9時から15時までの研修の中で、新入会員は終始笑顔で研修を受けられました。
本研修の中で、竹中委員長率いる研修特別委員会の皆様がより一層絆が深まったことと思います。

[記事:広報委員会 井寄良紀]

【中播磨県民局 表敬訪問】

4月10日(水)に、中播磨県民局に新年度のご挨拶にお伺いいたしました。
新しく就任された小橋センター長とご挨拶を兼ねて姫路市の抱える課題解決に取り組む団体として、様々な意見交換が行われました。
前川理事長は、昨年の取り組みとして公益社団法人姫路青年会議所で行われた第32回国際アカデミーin姫路の概要説明と、その経験を活かした今年度の事業計画の大枠をお話しをされ、今年度も引き続き行政と連携して、まち創りを推進してゆく事を確認されておりました。

[記事:広報委員会 井寄良紀]

【4月オープン例会 ともに築くHIMEJI~和を以って広げる多文化共生の輪~】

4月10日(水)に、姫路市文化センターにて、【4月オープン例会 ともに築くHIMEJI~和を以って広げる多文化共生の輪~】が執り行われました。

外国人タレントのフィフィさんを講師としてお呼びし「まちの国際化」についてご講演いただきました。
実際に、ご講演に立たれるフィフィさんはテレビと同じで、歯切れのいい軽快な話術で『多文化共生』という難しいテーマを実体験やユーモアを交えてお話しいただき、時より会場からは笑い声が溢れておりました。

第2部は、姫路獨協大学 教授 奥田氏と、姫路青年会議所からは理事長の前川君と担当委員長の井村君を加えてパネルディスカッションが行われ、1部の公演内容を更に深掘りしたトークテーマで多文化共生について奥田氏とフィフィさんで活発な議論が交わされていました。

今回の例会はオープン例会と言って、一般の方も参加できる例会でしたが、空席がほとんど無い状況で、改めてこの「多文化共生」というテーマに市民の皆様の関心が高いことに驚きました。最後の質疑応答では、一般の方も積極的にフィフィさんに質問をされているのがとても印象的でした。

また、本例会には380名もの参加登録を頂き、一般の方にご来場いただきましたことを改めて御礼申し上げます。

本日の例会をきっかけに、姫路のまちの国際化に市民の皆様が更に関心を持っていただき、積極的に推進していただければ幸いです。

[記事:広報委員会 井寄良紀]

【近畿地区協議会 第三回正副会長会議】
3月18日・3月19日に、近畿地区協議会 第三回正副会長会議が姫路じばさんびるにて執り行われました。
近畿地区協議会への出向者としては公益社団法人姫路青年会議所から、

直前会長 神澤正太郎君 
会務担当副会長 清水大輔(12)君
直前会長補佐 油谷義邦君
直前会長補佐 竹内十郎君
直前会長補佐 中川勝喜君
委員 井村和貴君
委員 岩見和之君
委員 竹中一成君
委員 田中利成君

が出向されております。

前川理事長をはじめとする理事メンバーも開催地LOMとしてお出迎えされました。
会議後の懇親会でも交流を深められました。

また、2日間、設営を担当された、渉外交流委員会の皆様、ありがとうございました。

【研修特別委員会】
3月18日(月)に、研修特別委員会が執り行われました。
今回の委員会では、組織力向上室室長:河原室長にロバート議事法についてトレーニングという形でプレゼンテーションをおこなっていただきました。
公益社団法人姫路青年会議所はもちろん母体であるJCIという組織が取り入れている会議方法で、下記の原則を使用し、公平かつ効率よく進行し決議をする為の会議方法になります。
※国連やPTA、国会でも取り入れられている会議方法です

[4つの権利と4つの原則]
4つの権利
➀多数者の権利
➁少数者の権利 
⓷個人の権利
➃不在者の権利

4つの原則
➀一時一件の原則
➁一時不再議の原則
⓷多数決の原則
➃定足数の原則

また、懇親会では研修特別委員会がおこなう模擬事業(毎年恒例)についての意見を取り交わしました。


「記事:広報委員会 井寄良紀」

Return to Top ▲Return to Top ▲